お知らせ
NEWS

コラム

ダブルワークのススメ

2019/04/26

皆さんこんにちは。今回は題名の通りダブルワークについて考えて行きたいと思います。
今後ダブルワークをお考えの方に向け、参考になればと思います。

☆ダブルワークで働ける時間とは?
ダブルワークとは、本業の仕事以外の空いた時間で効率よく働けることが1番の魅力です。土日祝日や平日の早朝や夜など好きな時間を選ぶことができ、本業とのバランスを上手く取りながら働くことができます。ただし、ダブルワークをすることにより、体力的、気力的にきつくなってしまい、本業に影響が出てしまう場合もありますので注意しましょう。
平日の深夜や早朝のお仕事などは昼間の仕事より時給が割高なのが大きな魅力です。当社もメイン業種である送迎バスなどは早朝と夕方の業務が中心となります。1勤務比較的時間が短いのが特徴で、初めてダブルワークに挑戦する人にも良いでしょう。
平日の日中の勤務は、パートなどのダブルワークで働きたい主婦などにおすすめです。例えば子供が学校に通う時間で短時間の仕事を入れて、夕方からは子供たちと時間を過ごしたり、家事などもすることが出来るでしょう。

☆ダブルワークのメリット・デメリット
ダブルワークには、さまざまなメリット・デメリットがあります。ダブルワークの最大のメリットは、収入の増加です。例えば、自給1100円のアルバイトを週2回・4時間働いた場合、月に約3万5千円の収入がアップできます。無理なく働いて年間で42万円の収入をアップさせることができ、貯蓄や旅行代など有意義に活用できるでしょう。
4月から始まった働き方改革で本職の勤務先が残業を行うことが厳しい人にもダブルワークはおすすめです。収入が増えることで金銭的、精神的な余裕につながるでしょう。また、他の業種の会社などで働くことで、新しい仕事のスキルを学べるメリットもあります。他の業種の人と知り合いたい人や将来のキャリアプランを考えている人にも向いています。
ダブルワークの最大のデメリットは、身体的・精神的に負担が増えることです。労働時間が長くなる分、疲労も増えてしまいます。時間的にタイトなので、時には病院に行くことも難しいこともあるかもしれません。そのためにも、まずは短時間の勤務からスタートしてみるとよいでしょう。ダブルワークを続けるためには、体調管理とタイムスケジュール管理が大切です。

☆自分に合うダブルワークは?
ダブルワークにはさまざまな種類があり、自分のライフスタイルに合った仕事を選ぶことが可能です。夕方から働きたい。出勤前の時間や土日を有効に使いたいなど様々です。当社のお話をさせていただくと、業務内容的に非常にダブルワークの希望者は多いです。実際に数名程、自身の本業に合わせて当社で働いております。定年前の方やシニアの方でも当社の中型限定解除免許取得支援制度を使い今後のセカンドキャリアに役立てていただければと思っております。